« スポンサードリンク »
ホーム » ステロイド » ステロイドの強度を一覧にしました│顔への誤使用を防止するために

ステロイドの強度を一覧にしました│顔への誤使用を防止するために

アトピーの炎症を抑える薬として使われるステロイドは
効き目の強さでストロンゲスト、ベリーストロング
ストロング、ミディアム、ウィークの5段階に
分けられています



皮膚科で処方されたステロイドが5段階のうち
どの強さに分類されるか知っておくことは大切です
ステロイドは症状の度合いや、部位別で使い分けられる事を
知っておきましょう


顔はからだの中でも皮膚が薄いため、ミディアム以下の弱い
ステロイドか、副作用のないプロトピックなどを処方される
ことが多いです


顔の軽い湿疹なのに、最強ランクのものを処方されてたら?
手足用に渡された強めのステロイドを、顔が痒くなったから
まあいいかと顔にも使ってしまったと考えると恐いですよね?


強度別にステロイド薬の名前を紹介します
(日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン参考)

【強度別】おもなステロイド外用薬一覧

T最強strongest
【商品名】●▲一般名(ステロイド成分の量)で並べてます

【デルモベート】クロベタゾールプロピオン酸エステル(0.05%)
【ダイアコート】酢酸ジフロラゾン(0.05%)
【ジフラール】酢酸ジフロラゾン(0.05%)

U非常に強いvery strong
【商品名】●▲一般名(ステロイド成分の量)で並べてます

【フルメタ】モメタゾンフランカルボン酸エステル(0.10%)
【ビスダーム】アムシノニド(0.10%)
【ネリゾナ】吉草酸ジフルコルトロン(0.10%)
【テクスメテン】吉草酸ジフルコルトロン(0.10%)
【パンデル】酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン(0.10%)
【マイザー】ジフルプレドナート(0.05%)
【リンデロンDP】ベタメタゾンジプロピオン酸エステル(0.064%)
【アンテベート】酪酸プロピオン酸ベタメタゾン(0.05%)
【トプシム】フルオシノニド(0.05%)
【トプシムE】フルオシノニド(0.05%)
【シマロン】フルオシノニド(0.05%)
【ブデソン】ブデゾニド(0.05%)

V強いstrong
【商品名】●▲一般名(ステロイド成分の量)で並べてます

【エクラー】プロピオン酸デプロドン(0.30%)

【ボアラ】デキサメタゾン吉草酸エステル(0.12%)
【ザルックス】デキサメタゾン吉草酸エステル(0.12%)
【リンデロンV】ベタメタゾン吉草酸エステル(0.12%)
【ベトネベート】ベタメタゾン吉草酸エステル(0.12%)
【メサデルム】プロピオン酸デキサメタゾン(0.10%)
【アドコルチン】ハルシノニド(0.10%)
【フルゾン】フルオシノロンアセトニド(0.025%)
【プロパデルム】プロピオン酸ベクロメタゾン(0.025%)
【フルコート】フルオシノロンアセトニド(0.025%)

Wおだやかmedium
【商品名】●▲一般名(ステロイド成分の量)で並べてます

【リドメックス】吉草酸酢酸プレドニゾロン(0.30%)
【アルメタ】アルクロメタゾンプロピオン酸(0.10%)
【レダコート】トリアムシノロンアセトニド(0.10%)
【ケナコルトA】トリアムシノロンアセトニド(0.10%)
【ロコイド】ヒドロコルチゾン酪酸エステル(0.10%)
【プランコール】ヒドロコルチゾン酪酸エステル(0.10%)
【グリメサゾン】デキサメタゾン(0.10%)
【キンダベート】クロベタゾン酪酸エステル(0.05%)
【ロコルテン】フルメタゾンピパル酸(0.02%)


X弱いweak
【商品名】●▲一般名(ステロイド成分の量)で並べてます

【コルテス】酢酸ヒドロコルチゾン(1.00%)
【プレドニン】プレドニゾロン(0.50%)
【ベリダームメドロールアセテート】酢酸メチルプレドニゾロン(0.25%)
【デクタン】酢酸デキサメタゾン(0.10%)


【強度別】抗生物質を含むおもなステロイド外用薬

強い
【商品名】●▲一般名で並べてます

【リンデロン-VG】吉草酸ベタメタゾン+ 硫酸ゲンタマイシン
【ベトネベートN】吉草酸ベタメタゾン+ 硫酸フラジオマイシン
【コルデールG】吉草酸ベタメタゾン+ 硫酸ゲンタマイシン
【ベトノバールG】吉草酸ベタメタゾン+ 硫酸ゲンタマイシン
【フルコートF】フルオシノロンアセトニド+ 硫酸フラジオマイシン

おだやか
【商品名】●▲一般名で並べてます

【ケナコルトAローション】トリアムシノロン+
硫酸フラジオマイシングラミジン
【ケナコルトAG】トリアムシノロン+ 硫酸フラジオマイシングラミジン

弱い
【商品名】●▲一般名で並べてます

【ネオメドロールEE】メチルプレドニゾロン+ 硫酸フラジオマイシン
【ベリダームネオメドロールアセテート】メチルプレドニゾロン+
硫酸フラジオマイシン
【テラコートリル】ヒドロコルチゾン+ 硫酸オキシテトラサイクリン


【その他】
おもな非ステロイド抗炎症外用薬
【商品名】●▲一般名で並べてます

【アンダーム】ブフェキサマク
【スタデルム】イブプロフェンピコール
【ベシカム】イブプロフェンピコール
【コンベック】ウフェナマート
【フェナゾール】ウフェナマート
【ブデソン】ブデソニド
【トパルジック】スプロフェン
【スルプロチン】スプロフェン
【スレンダム】スプロフェン
【ジルダザック】ベンザダック

プロトピック
プロトピックとはタクロリムス軟こうの商品名です
ステロイドVと同程度の効き目でステロイドの副作用はありません

おもな保護薬

・亜鉛華単軟こう
・アズノール
・白色ワセリン
・ザーネ
・ヒルドイド(ヘパリン類似物質)
・パスタロンソフト(尿素10%)
・ウレパールローション(尿素10%)
・ウレパール軟こう(尿素10%)
・ケラチナミン軟こう(尿素20%)


ステロイド外用剤は強度が強いほど副作用も強いかというと
すべてがそうではありません。
主な副作用とステロイドの強度との関係も紹介します


 効き目の強さと副作用の関係



« スポンサードリンク »

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。